« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

長女)帰省 おまけ

Dscf7951 仙台駅にて新幹線待ち。

搭乗口のすぐ近くのKIRINでちょっと休憩。

ビールを頼むと、なんと、泡が盛り上がってます!

はぁ~、美味しかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)夏休み帰省

結婚して、「お祖母ちゃんの家へ帰省」が出来るようになりました。

おばあちゃんの家は盛岡です。

Dscf7845 娘と二人で先に行きました。

盛岡はとってもきれいな街です。

私の好きな街、ベスト3に入ります

何がキレイかと言うと、景色がきれいなんです。

街の中を北上川が走り、遠くに岩手山が見える。

北上川も、コンクリート固めでなく、川岸に大きな木が生えていたり。これもポイントが高いですね。

建物が低いのもいいですね。

人も穏やかでゆっくりしています。エスカレーターで皆歩かないんです

Dscf7915_3 盛岡駅発の「こまち」。

喜んで駆け寄った娘。しかし、私の「鳥がぶつかった跡があるね。血が付いてる」の一言で、泣きそうな顔に。ごめんね。

Dscf7918 仙台に立ち寄りました。

「こまち」と「はやて」がドッキング中です。

「鳥の血・・・」は忘れたようで、新幹線がチューしたぁと、大喜びで見ています。

ずっとこのままの街でいて欲しいと願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)ぽにょ

200808131325001 加倉水産 孫娘2歳、映画館デビューいたしました

「崖の上のポニョ」です。

宮崎アニメ大好きな加倉一家。

ポニョは対象年齢が小さな子らしいので、映画館デビューには打ってつけだと思い、思い切って行ってみました。

さすが、宮崎アニメ!!2歳の子が飽きずに全て見ました。

夢中です!

ただ・・・、娘、エンディング曲、一緒に歌いました。周りにも歌っている子がチラホラ居たので良かったですが、ちょっと恥ずかしいかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)子犬がきました。

Photo 「子犬・子猫の里親さがし」へ毎週のように出かけていた社長(父)・重役(母)・平(妹)。

ついに、子犬をもらってきたようです。

耳垂れの茶色い子犬です。

吠えない物静かな子です。

・・・あまりに静かでオットリしているので「お利口」?「お馬鹿ちゃん」?どちらかよくわからないねぇ。と話しています。

皆、な顔をしています。

新たなライバルの出現で、孫の天下も終わりかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)沼津より

Dscf7814_2

8月6日夕刻。↑自宅前の浜からです。

今年の夏は毎日が海日和ですね~。

毎日、仕事をしながら海を恨めしく眺めている加倉一家です。

早く 日曜になれ~!!海に行くぞ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)キャンプ 河津

Dscf7761 河津オートキャンプ場でキャンプ。

ここは、温泉の岩風呂があります。これが決め手です。

          今晩のメニューは・・・ 

Dscf7783   ・バーベキュー

  ・ダッチオーブン(次女が引き出物カタログでゲット)で

    鳥の丸焼き  ピザ  パエリヤ

Dscf7788   ・ビール!!今日はフンパツしてプレミアムモルツです。

自然の中、たらふく食べました~

2日目。キャンプ場の近くにブルーベリー狩り園が出来ていました。

40分500円。低木なので子供も楽々狩れます。

が、暑い!!直射日光なので40分も持ちません!両手にブルベリーを沢山持って、桜の木陰に非難です。

汗をかいたので、そのまま「百笑い」の温泉へ。プールゾーンが新しく出来ていて、子供から大人まで楽しめます!夏の子連れにはかなりおすすめです。

プールの泥エステ、面白い&お肌スベスベです。また行きます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)キャンプ 下田

Dscf7740 毎年恒例のキャンプです。親戚一同で伊豆へ行きます。

土・日曜日で行ってきました!

←下田の爪木崎の近くの漁港?です。いつも誰も居ないのでプライベートビーチのようです。

Dscf7729 ここの砂は、サンゴ?の欠片のようで目に見えないくらいの小さな棘が少しだけ混ざっています。

砂を掘っていると、少しチクチクします。

瑠璃色の魚が泳いでいました。

サザエもいました(漁業権を持っていないので、採れません)。

Dscf7735

海で食べる焼きそばってどうしてこんなに美味しいのでしょう

満腹になり、海を後にしました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »