« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

長女)似たもの親子

母の事を「詰めが甘い」と言いましたが、私もでした。

娘のオムツを買いに行きました。

どれが安くて薄いか吟味に吟味を重ね、買いました。

家に帰り、夜寝る前にはかせようとすると・・・

テープ式でした。もう大きいので、いつもはパンツ式を購入していたのに。

あんなに迷って買ったあげくの凡ミス。

似たもの親子です。はい。

娘はもう三歳です。今は夜だけオムツ着用です。

約二年ぶりのテープ式。彼女の中でコレは「赤ちゃん用」の認識らしく、怪訝な顔をしています。ここで、嫌がられたら、66枚入りが全て無駄に!!

私、思いっきりテンションを上げ、「うわぁ~、お姉さんになったから、夜パンもお姉さん用になったね~♪」・・・

まんまと騙せました。ふぅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)番犬

Iwane_2加倉水産の番犬。

今日、娘と実家(加倉水産)へ帰ってくると、番犬がカッパを着ておりました。

冷たい雨が続いて降った為、母が購入してきたようです。

加倉水産、初めての犬の服です!

・・・背中部分を洗濯ばさみでギュッとつままれていました。

大型犬用なのでぶかぶかなのです。母は最期の詰めがいつも甘いのです。

何でも、ちゃんと大きさを測ってから買ってくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)沼津も雪です

「今日、朝、雪が降ったよ~~!!」と母から電話がありました。

ふむふむ。今日は暖かい静岡県でも雪が降ったか。と思っておりますと、

母、「ガラスに大穴が開いてると寒いね~さすがにガラス屋さん呼んだよ。」と言いました。

ん?穴?

どうやら、先日の春一番の暴風のせいで窓ガラスが割れ、大きな穴があいてしまっていたようです。海風は恐ろしいですね。

春一番が吹いたのは金曜日の深夜。金曜日から今日の火曜日まで四日間、穴があいていたという事です。

ちょっと信じられません!無用心にも程があります。

泥棒が入らなくてよかったですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)母還暦小旅行 二日目 河津桜

Dscf8936_3

二日目。加倉水産一同、今日も朝からモリモリ元気に朝食を食べ、河津へ出発。

母が「草餅が食べたい!」と騒ぎ出しました。

草餅を食べに、便所の神様・明徳寺へ。

草餅だけではばちが当たるので、先にお参りへ。

Dscf8922 一見、普通のお寺ですが、お堂の横の方にお便所の神様があります。

お便所をおまたぎして、下のお世話にならないようお祈りします。

最年少が還暦の母、というおば様達はちょっと本気でお参りです。

本当の最年少の孫三歳は、おもらししないようにお参りです。

Dscf8929 お参りを無事済ませ、草餅タイムです。

駐車場前の売店で売っている草餅。一個130円?です。

その場で焼いてくれます。

熱々のあんこ草餅&磯部草餅、美味しいです!!

Dscf8938 ようやく、河津へ出発。

・・・大渋滞です。こんな渋滞初めてです。

Dscf89422

皆、河津桜を見に行くようです。こんなにゆっくり走ったのも初めてです。

普通に車を走らせたのでは気が付かないような新しい発見がありました。

↑民家の塀に黒いマットが沢山干してありました。

しかし、よく見ると、イノシシの皮です。さすが、イノシシ最中が名産の地。

河津桜、見頃です!今が一番です!

ピンクの可愛い河津桜と、菜の花、一足先に春を満喫です。

また来年が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女)還暦祝い小旅行 一日目大仁ホテル

Dscf8905_2

加倉水産母の還暦を祝い、家族+親族で一泊二日お泊まりに行ってきました。

修善寺梅林→大仁ホテル・・・→便所の神様→河津桜のコースです。

Dscf8911 修善寺梅林、前日の春一番で少し散ってしまっていました。

花より団子な一団・・・。

梅の横に梅より気になる鮎の塩焼きが!!

Dscf8902_2 豪快に大きな薪で焼かれています。食べたい!

横目で鮎を眺めつつ、ぐっと我慢しました。

我慢した訳は、この後、3時間ほどで大仁ホテルのバイキングの夕食なんです。

温泉+バイキング+飲み放題で8,800円(安い)です。

美味しく食べ、なにより美味しく飲む為にはここはぐっと我慢です。

我慢した甲斐がありました。温泉の後のビールは最高ですね。

主役の母は盛り上がってます。

愛想がよく、ノリの良い母&父&母の姉。早速、隣のテーブルの方々と意気投合。

ご飯後、一緒にカラオケ(無料)に行くそうです

母、元気に飲んでおりますが、もう還暦なんですね。

いつまでも、「ビールが美味しい」と幸せそうに元気に飲んでいて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »